2016年07月07日

整腸作用のある梅肉エキスとは


青梅.jpg

不意にやってくる下痢や便秘などの、便通異常にお悩みでは
ありませんか。

「便通異常は確かに経験している…」

という方は他にも、お腹が張ったり、おならが出るなどの
不快感を感じている方も少なくありません。

そんな方は、整腸作用のあるものを上手に利用するのも
方法の一つです。

整腸作用のある食べ物としては、昔からヨーグルトなどが
良く知られていますが、日本人に昔から親しまれているもの
に“梅”があります。

「弁当に梅干しを入れるといたみにくい」という話を聞いた
ことがあるのではないでしょうか。

梅は強い殺菌作用があることで知られ、いろいろな民間療法
に利用されてきました。

中でも青梅の果汁を絞り、長時間かけて煮詰めて濃縮した
ものが“梅肉エキス”と呼ばれるものです。

梅肉エキスは体調がすぐれないときの万能薬として重宝
されてきました。


●梅肉エキスに含まれる成分と効能とは

梅肉エキスに含まれるな成分は、有機酸と呼ばれるもので
具体的にはクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、カテキン酸、
ピクリン酸などが含まれています。

なので、これらの酸が相互作用しさまざまな効き目が
現れています。

タイトルにも書きました“梅肉エキス”の整腸作用は、
クエン酸によるものです。

・クエン酸

 クエン酸には強い殺菌作用があり、腹痛や下痢を防ぎます。

 また、他の有機酸と相まって疲労の原因となる乳酸が
 筋肉に蓄積するのを抑制しますので、疲労回復にも効果
 があります。


・カテキ酸

 カテキン酸は、腸の蠕動運動を促進させて整腸作用に力
 を発揮します。
 
 つまり、便秘や下痢にも効果があります。

 
・ピクリン酸

 肝機能の働きを助けるため、二日酔いや疲労回復にも
 効果を発揮します。

また、梅の実から梅肉エキスを作る過程でできることが
発見された「ムメフラール」という成分には血流を改善し、
冷え性や肩こりなどにも効くとされています。

以上説明した効能をまとめると、次のようになります。

・整腸作用(便秘や下痢の抑制)

・疲労回復

・血流改善

・二日酔い防止

・殺菌効果


最近は、梅肉エキスを家庭で作らなくても通販などでも
簡単に手に入れることができます。

また、梅肉エキスを用いたサプリメントもあります。

身近な梅の絶大なる効果を一度試してみてはいかがでしょうか。

>>【モニターの87%がその効果を実感!】下痢対策サプリ『黒梅日和』







posted by サルビア at 16:23| Comment(0) | 梅肉エキスによる腸内環境の改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。